社長コラム

本場の阿波踊り

Vol.6 2000年(平成12年)9月号

8月13日から15日まで徳島に行って来ました。

徳島空港を降りたときから阿波踊りのリズムで迎えられ3日間踊りの街に驚きと感動の日を過ごしました。今ではリオのカーニバルと並んで世界的に有名な「阿波踊り」だそうです。

狭山市でも青年会議所が中心となって「狭山の阿波踊り」が定着して、七夕まつりの重要なイベントになっています。

徳島でばったり狭山の阿波踊りの会長さんである木附久夫さん一行にお逢いしました。

毎年狭山からも本場「徳島の阿波踊り」に参加されているとのこと。頭が下がります。

狭山の活性化の原動力として「狭山の阿波踊り」も毎年拡大しているようです。その影に役員さんの方々のたゆまぬ努力が伺えます。

参加して、楽しんで、一緒に「ふるさと狭山」の活性化を願い継続する事が、大きな成果を生む近道であると感じました。

みんなの活躍をそのまま映像で紹介し、記録として後々まで語り継ぐ役割がケーブルテレビの使命であると思います。情報技術(IT革命)の先端を走りながらも9チャンネル(ちゃっぴぃナイン)を大切にして大きな夢を実現させたいと願っています。