社長コラム

豊かな生活を楽しむ

Vol.120 2010年(平成22年)3月号

バンクーバー冬季オリンピックが開催されています。開会式の映像はデジタルテレビで楽しんで頂けましたでしょうか。アナログとデジタルではこんなに違うんです。

 

私は、狭山市内全体にケーブルを接続したいとの意欲に燃えてエスキャット(S・CAT)を設立して17年が経過しました。開局してから15年、やっとその願いが達成目前まで来ています。今まで30億円以上の設備投資を実行してきました。

 

狭山市内には約6万世帯があります。耐用年数12年で計算すると、全世帯が加入すれば
30億円÷12年=2億5千万円の年間減価償却です。これを6万世帯で分割すると一世帯当たり年間4,200円の負担になります。月額で350円、一日では約10円の負担です。
地域の情報基盤をみんなで少しずつ負担すると物すごい効果が上がります。もし、全世帯にケーブルが接続されたことを想定すると、狭山市の情報伝達は画期的な状況になることが想像できると思います。

 

すでに、アンテナをあげられたご家庭でも、ケーブルテレビへの接続も考えて頂きたいのです。豊かな生活には、インターネットへの接続も必須の条件になるはずです。狭山ケーブルテレビはお客様のあらゆる要望にお応えできる体制を整えています。
弊社のホームページを訪ねて見てください。http://www.s-cat.ne.jp/
狭山市狭山20-1の営業所(スガマビル)を訪ねてください。テレビ放送、インターネット、電話の専門家が親身になって相談に乗らせて頂きます。

 

狭山市駅西口のスカイテラスも3月に「まち開き」を迎え、狭山市の本格的な再成長が期待されています。情報通信技術を利用した夢の描ける狭山市構築に全力で貢献するため役員、社員一同で頑張りますので皆様のご支援とご協力を宜しくお願い申し上げます。