社長コラム

パソコンを使いこなす

Vol.30 2002年(平成14年)9月号

放送業で始まった狭山ケーブルテレビは、平成12年から通信(インターネット接続)事業も実施しています。これがまたすごく楽しいのです。
パソコンを使いこなす人とそうでない人の格差は想像以上に大きいことを理解する必要があります。こんなに便利な道具を放っておく手はありません。

わずか10日間程度の練習でパソコンを使えるようになります。インターネットを利用することにより今までの世の中が変わります。特に高齢者にとってパソコンは必需品になります。
最新のパソコンは簡単で性能と比較してみると安くなりました。
ケーブルをテレビ用とパソコン用に分けるだけでブロードバンド環境が完成します。パソコンでテレビと同じように映像が視られたり音楽を聴けるようになります。
先日仕事で北海道に出張した帰りに函館に嫁いでいる姪の家庭に立ち寄りました。遠隔地で立派に生活している姿に一安心、五稜郭や修道院の観光案内をしてもらい、デジタルカメラで記念写真を取り帰宅しました。すぐに手紙と写真を電子メールで送信しました。
また、先日アメリカから私の英語の先生だった人の息子さんが急に訪ねてきました。この時も電子メールで手紙や写真を送り、アメリカのご両親からとても喜ばれました。
パソコンは文字を打ったり計算するだけの機械ではありません。大勢の人と手紙を交換したり顔を見ながら話し合ったり、交流を深める道具です。
日本を5年以内に世界最先端のIT(情報技術)国家にするのが「eジャパン重点計画」です。ここ2年位で大きな変化が起きます。それに備えてみんなでパソコンを使いこなしましょう。
狭山ケーブルテレビは、全面的にその実現の為に取組みます。