社長コラム

やる気一杯で新年を迎えました

Vol.58 2005年(平成17年)1月号

希望に満ちた新年をお迎えのことと思います。
狭山ケーブルテレビも設立から13年、開局10年になります。やっと、一人前の会社になりつつあります。我慢強く支えていただいている株主の皆様、ご愛顧いただいている視聴者の皆様のおかげであります。心より深く感謝申し上げます。

 ケーブルテレビの電話(ケーブルトーク)がすごく便利で安いことをご存知でしょうか。
これが今年からもっと便利になります。J-COMフォンに加入している全国の世帯(約72万世帯)に対しても電話料が無料になります。
インターネットのサービスも充実して、豊かな生活にはなくてはならないものになりました。
今年こそ便利で地域に密着したケーブルテレビに全世帯が加入してください。
 「狭山市に住まわれているすべての人にテレビに出ていただきたい。」こんな願いを持ってケーブルテレビ制作部門のスタッフが、日夜取材と撮影に走り回っています。今までに多くの歴史を収録してきました。この映像は市民皆様の財産になります。大切に保存しています。
私は、ケーブルテレビ会社の大きな発展を夢見て、平成16年12月1日に新しい協会を発足しました。「有限責任中間法人 日本中小企業経営支援専門家協会」という長い名前の会社です。
全国の会計人や弁護士、中小企業診断士等の専門家500人が集合して、ケーブルテレビ会社等の健全な発展を支援する協会です。大勢の人が協力し団結すれ ば、想像以上の成果を挙げることが出来ることを実証したいと思っています。それが地域経済の発展にお役に立てると信じています。狭山ケーブルテレビの経営 を通じて多くの教訓を得た成果の一つであります。
今年はデジタル化が完成する年でもあり、全国民がインターネットを利用できるようになる年でもあると言われています。頼りになる会社を目指して全社員がやる気一杯です。