社長コラム

スマートフォン

Vol.179 2015年(平成27年)2月号

周囲の人が携帯電話を「スマートフォン」に変えているので、私も時代に遅れないようにとスマホに変えてみました。

ロックを解除して右手の親指と人差し指で画面を拡大したり縮小したりして恰好だけは一人前に見えるけど本当は昔の携帯電話の方が良かったかなと後悔することがあります。

でも、新しい技術開発により、充電が早くなり、長時間利用しても電池切れが無くなり、「意外と便利!」の感が増してきました。でも、高齢者がスマートフォンを上手に使いこなすためには気楽に教えて貰える相談相手が必要です。

 私は、15年ほど前から都内のワンルームマンションを幾つか所有して安定した不動産所得を得ています。購入してから現在までほぼ100%の賃貸で空室状態はありません。

この理由は、素晴らしい管理会社に恵まれている事です。アパート経営で建物管理と入居者募集にお困りの方が多いのが現状です。一番大事なことは徹底した管理ができているかであると思います。不動産に関する専門家でない私自身での管理は難しいことです。

インターネット利用についても、適切なアドバイザーの存在と上手な管理委託が課題です。

狭山ケーブルテレビでは、何時でも何処でも放送、通信、電話、スマホ等に関連する事であればお任せ頂ける人材と組織を準備しています。

「管理こそ命」であることを肝に銘じて、お客様が安心できる相談相手になる事を目標にしています。狭山市内に本社及び営業所を設置してサポート人員を置き、電話一本ですぐに出動できる体制を整備しています。「オアシス・サポート」と名付けました。

お任せ(O)、安心(A)、信頼(S)、愛のある(I)、サービス(S)からOASIS(オアシス)と命名し、多くのお客様からご契約を頂いています。