社長コラム

会社の存在

Vol.92 2007年(平成19年)11月号

会社設立15周年を記念して7年半前から継続しているコラムを出版させて頂きました。私は毎日ブログも書いて、自分の考え方や生き方を文章にして記録に残しています。

時々過去の記録を読んで「初心不可忘」を確認し、自分に動機付している毎日です。

狭山市が日本一の「情報都市」になって欲しい。何かの縁があって同じ時代に同じ場
所に居住することになった私たちは、お互いに協力し合い幸せで豊かな生活を送りたい
と願っています。
地球が始まったビッグバン(大爆発)から現在までを1年とすれば、人間の一生はわずか0.27秒でしかないと聞きました。まばたき程度の時間です。与えられた能力のすべてを発揮して社会に尽くすことが求められていると思います。
狭山ケーブルテレビが設立された平成4年7月23日、純粋に社会貢献を誓い行動に移してきました。紆余曲折の中で「運」にも恵まれ順調に発展することがで きました。今年は東京電力の電波障害施設のすべての移管を受け全世帯へのサービスが可能となった記念すべき年でもあります。デジタル化時代への責任を担う 会社としての使命を果たします。
情報を上手に利用できるようになったら別な世界が開けます。テレビ、電話、インターネット、地域情報、安全・安心な生活のすべてを満足できるのがケーブルテレビ会社です。この会社の存在が「あれば便利」から「なくてはならない」と言われるまで全力投球するつもりです。
正直に真正面から会社経営に取り組んでいます。誤解を受ける場合もありますが、設立の原点を忘れずに行動し社会貢献を果たす所存です。暖かいご支援を宜しくお願い申し上げます。