社長コラム

キャンペーンの展開

Vol.98 2008年(平成20年)5月号

桜が咲き、入学式で賑わい、ツバメが飛来して狭山茶の香りが漂う季節となりました。
狭山市駅西口の再開発工事も槌音高く本格化して、ステーションビルの店舗も閉鎖され新しい狭山市構築の息吹が感じられるこの頃です。

 入間市HOYA跡地には、日本最大の三井アウトレットとコストコ大型会員制店舗が開店して圏央道入間インターチェンジ付近は車の渋滞が起きて、地域小売 店の先行きは益々不透明になっています。狭山市・入間市のような首都圏近郊中核都市の都市計画は変革の時代への対応力を試されているような気がします。日 本全体・世界全体から見ると比較にならないほど立地に恵まれながら愚痴を言っている暇はありません。どんなに苦境に立たされても生きる道は必ずあると信じ ています。
地域の発展と活性化を誓ってケーブルテレビ事業を経営しています。未だ道半ばでありますが目標に向かって着々と前進していることだけは確かであると感じています。
地上デジタル放送は狭山市全地域で視聴可能です。インターネットの利用も全世帯で可能になりました。どこよりも安く、どこよりも親切な対応を心掛けていま す。今までは狭山市の半分は高圧線難視対策の片方向300MHZの施設で、地デジ視聴も多チャンネルもインターネット接続もできない施設でした。昨年4月 1日に東京電力から施設移管を受けて全面的に双方向770MHZの光ケーブル幹線に改修工事を行い、今年3月末に完成しました。
地上デジタル放送の鮮明な画像とインターネットを利用した便利な生活を体験して下さい。
 これから一年、狭山市の情報化推進の向上を目標に大キャンペーンを展開する予定です。説明会や自治会訪問を行います。お出かけ頂き耳をお貸し下さい。必ずや豊かな生活のための情報を提供させて頂きます。