社長コラム

飛躍の年にしたい。

Vol.202 2017年(平成29年)1月号

  激動の2016申年(さるどし)が過ぎて、酉年(とりどし)を迎えます。鷹のように空高く、燕のようなスピード感で大きく飛躍の年にしたいものです。

 米国では1月20日にトランプ大統領が就任されます。大統領選挙中からトランプ氏の言動に世界が注目し、当選後は所得税、法人税等の大幅減税、TPPからの離脱方針、巨額な公共投資政策が報道され、不安感を抱きながらの期待感が投資家のリスクオンを呼び起こして、日本でも円安株高傾向が進行しました。

2016年8月にはブラジルのリオデジャネイロでオリンピック・パラリンピックが開催され、日本は過去最高の41個のメダルを獲得し、2020年の東京オリンピックに弾みをつけました。霞ヶ関カンツリー倶楽部でゴルフ競技が開催されます。小池百合子東京都知事が、ボート競技を宮城県登米市の「長沼ボート場」で開催する提案がありましたが、結果的に見送られることになり大変残念に思っています。弊社では「食のプロジェクト」事業を進め、宮城県の登米市、栗原市で二つの農業生産法人と関係を持ち連携しています。

狭山市駅西口の「ライブステーション」も賑わいの増加、農業振興等を兼ねて連携しています。放送事業、通信事業、電話事業を通じて地域貢献を果たしたいとの方針を掲げてNTT東日本との連携も協力に進めています。2017年は、電力販売、法人向け通信・電話事業の拡大も行います。

 狭山市は、歴史文化的な要素も豊富で、素晴らしい環境に恵まれ、観光拠点としても優れた可能性を秘めていると思います。「緑豊かの文化・観光都市」を目指してテレビ局としての機能と地域密着の創業の精神を発揮して、狭山市の発展のために気持ちを新たにして取り組む所存であります。ご支援とご協力を宜しくお願い申し上げます。