社長コラム

サービスの向上に尽くす

Vol.205 2017年(平成29年)4月号

 全国的にも2例目になるNTT東日本との協業(コラボレーション)をスタートしました。

平成29年3月25日から、NTT東日本の光ケーブルをも利用した放送、インターネット、電話事業を開始します。

 弊社は、平成4年(1992年)7月23日に設立して、今年で25周年を迎えます。平成7年4月1日に開局してから22年、狭山市内の視聴者に支えられ、現在では43,000世帯に放送しています。狭山市には戸建て住宅が37,800世帯、集合住宅が25,200世帯、合計で63,000世帯があります。現在、約70%の世帯に放送を送っています。全世帯への放送実現を目標にして努力しています。

インターネットの利用が当たり前になり、情報通信技術の進歩も凄いスピードで進み、情報量は1年で倍増する状況です。私は、ケーブルテレビ事業は「究極のサービス業」であると思い、常に最高の技術、最高のサービス提供を目標にしています。

最高級の技術を駆使したサービスの提供のため、数年前に、NTT東日本の本社を訪問し、役員さんと面談して「NTTの光ケーブルを利用させて頂きたい」と申し入れをしました。当時は法律上、映像配信に利用することは制限されているので、との回答でした。あれから7年ほど経過し、法律が改正されNTT東日本との協業が可能になりました。

自社構築のインフラに掛ける情熱と資金、人財等を地域サービス業に徹したい。技術はNTTさんにお任せして、弊社では「お客様サービスの向上」に尽くしたいと念じています。

 お任せ(O)、安心(A)、信頼(S)、愛のある(I)、サービス(S)、OASIS(オアシス)サービスに力を注ぎます。また、法人向けオアシスサービスも開始しました。

平成29年(2017年)4月が新たなステージへの大きなステップとなることを誓っています。