社長コラム

未来の仕事

Vol.213 2017年(平成29年)12月号

 仕事柄、業界の勉強会や色々な展示会にはなるべく足を運ぶようにしています。昨年くらいから先進技術の展示会に行くとよく目にするキーワードがあります。

IoT(モノのインターネット)・ロボット・AI (人工知能)です。様々な企業が未来の仕事の核と考え、開発を進めているのがわかります。

 ニュース等で、驚いたことの中に、日本の職業の49%が、10~20年後にAI・機械・ロボットによって代替が可能となるとの推計結果がでたというものがありました。単純作業や煩雑な計算、データ分析・統計作業などは、AIが得意とするところです。

 一方で、一瞬の閃きやユニークな個性が必要とされる創造的な職業や、決して数値化できない人の心を相手にする職業、人とのコミュニケーションスキルが必要とされる職業は、AIが代替することは難しいとされています。

 これから益々、技術、テクノロジーの発展により私達の生活は便利で豊かなものになっていくでしょう。弊社も、今までのサービスをそのままずっと提供していても時代に取り残されてしまうと考えています。

 時代の変化、消費者のニーズに対応できるように、お客様とのコミュニケーションを大事にし、サービスの品質維持、向上はもちろんですが、「人間的」な仕事で心もご満足いただけるようにすることが「未来の仕事」に繋がると考えています。

 2018年もすぐそこにせまってきました。来年大きな飛躍ができるように事業計画を考えていきます。