社長コラム 2005年

自慢の種を探そう

Vol.63 2005年(平成17年)6月号

私は青年会議所活動を通じて奉仕・友情・訓練の基礎を築くことができました。
昭和49年に所沢青年会議所に入会して、入間青年会議所の創立に参加して移籍、日本青年会議所で全国的なレベルで訓練を受ける機会を2年間経験しました。その後、狭山青年会議所の創立に奔走して初代理事長も経験しました。

続きを読む

サイマル人間のすすめ

Vol.62 2005年(平成17年)5月号

ツバメの鳴き声が聞こえ、八十八夜が来ると本格的な狭山茶の季節です。これでやっと花粉症ともお別れができそうで、希望に満ちた初夏がやってきました。
一方、中国の反日感情のデモは私たちには信じられないことです。国旗を燃やしたり、日本料理店などに投石している映像は残念でなりません。戦後60年を経過して戦争を体験した国民は75歳以上になっているはずです。

続きを読む

全市民所有のケーブルテレビ経営形態を提案します

Vol.61 2005年(平成17年)4月号

狭山ケーブルテレビの視聴者は42,000世帯に達して狭山市全世帯の80%を超えています。地域のメディアは大きな財産です。16万人の狭山市民で一つの放送局を保有することが何よりも重要なことです。平成4年7月の設立から13年、平成7年4月の放送開始から10年を経過します。純粋に民間の資金(狭山市の出資金1千万円を除き)と努力によって維持発展をしてきました。

続きを読む

合併白紙になって

Vol.60 2005年(平成17年)3月号

住民投票の結果を受けて、入間市との合併が白紙になりました。これは狭山市の住民にとっても新しい覚悟を決めたスタートであります。
市長にしても、市議会議員にしても、市の職員も、住民も一丸になって新しい都市造りを考えなければなりません。今のままでは将来破綻をせざるを得ない状況であることは明白です。

続きを読む

関東信越税理士会の会長に就任します

Vol.59 2005年(平成17年)2月号

日本では「e-Japan重点計画」で、「五年以内に世界最先端のIT国家を目指す」事を掲げました。そして今年がその目標年度です。
インターネットの利用者は、2003年末に全国民の60%を超え、2004年末では80%の国民が利用していると言われています。「あなた」は該当するでしょうか。

続きを読む

やる気一杯で新年を迎えました

Vol.58 2005年(平成17年)1月号

希望に満ちた新年をお迎えのことと思います。
狭山ケーブルテレビも設立から13年、開局10年になります。やっと、一人前の会社になりつつあります。我慢強く支えていただいている株主の皆様、ご愛顧いただいている視聴者の皆様のおかげであります。心より深く感謝申し上げます。

続きを読む

< 前へ 1 | 2